FC2ブログ

11/13 年少・年中・年長のお食事風景

images_20171113161706677.jpg
この保育園では、以前、クラスごとに昼食をしていましたが、昨年からだったと思いますが、クラスではなく、年少・年中・年長の園児たちが、廊下にテーブルと椅子を置き、みんなで食べます。自分たちで食べられる量を、自分でお皿に入れている風景は、セルフサービスのカフェテリアみたいです。
調度、私の音楽レッスンが終わり、2階から降りていくと、その光景が広がります。みんな生き生きして食事を楽しんでいます。自主性を尊重しながらの保育、いつもいいな~と思いながら見ています。

きっと週末いっぱい戸外で遊んできたのでしょうか…園児たちは何となく集中できないみたいです。そして先生方もお見受けしたところお疲れ気味。
   そこで休んでもらうことにしました。子守歌の曲を弾いて、みんなに寝てもらいます。ときどき「あくび」の音を奏でると、本当にあくびをする子がたくさん!そしてまた寝る。
   同じことを何度かやると飽きるはずですから、途中でドアをノックしているような音を弾きます。「あ!誰かがドアをノックしている!こんな夜に誰かしら?」とちょっと怖いような感じでみんなに質問をしました。…みんなは上を見ながら考えています。「おばけ」という子もいましたが、誰かを言わないまま、また寝る曲にします。
   次にノックの音、「誰かしら?もう朝になるっていうのに」…「自転車」「犬」なと言う子がいました。これも私は何かを言わないまま、朝になったような音を弾きます。
      何か想像してもらうとき、園児一人一人の答えは違っているかもしれません。答えを言わずに、その子のイメージのまま、次の動きに入るのも、私はいいと思っています。
   みんな朝はお着換えするの?だったらお洋服に着替えて→歯はみがくの?→お顔は?→朝ごはんは?→保育園に行くときは?などなど朝の様子をずっとピアノで弾き、それに合わせて園児たちは支度をしていきます。どの子も楽しそう!

   きょうも楽しくみんなとレッスンできました。また来週!ごきげんよう。

10/30 台風が去って、朝が輝いています!

images_20171030214748f8a.jpg
すごい雨だった昨日!でも今朝はまぶしいお日様が「おはよう!」と園児たちに挨拶してくれています。
レッスンもすがすがしいスタートを切りました。

   1才児と2才児のクラスは、ピアノのリズムに合わせて歩くこと、そしてピアノの音がしなくなったら、すぐに止まることをレッスンの始めにしています。集団ですので、どうしても嬉しくて走ってしまいますが、一番暴走している園児をみつけ、ちょっとでもピアノのリズムと同じように歩けたら、すぐに、その子の所へ行って「すごい!*ちゃんは上手にピアノの音に合わせて歩けるのね~!そうだ!みんなに見てもらいましょう!」と、一人でやってもらいます。
   もう鼻高々な気持ちが伝わってきます。そしてそれを見ていたお友達たちも、ピアノの音に気を配り、音の動きや、止まることを意識してくれます。コントロールすることを少し学ぶことができたようです。小さな成長を積み重ねていきたいです。

   あるクラスでこんなことがありました。歌で、例えばドレミファソと歌ってもらうと、どうしても最後のソの音が乱暴に歌ってしまいます。そこで、Aちゃんがこう歌いました…ドレミファソのソだけをどなっているように私が歌って見せます。みんなゲラゲラ!
   すぐに次はBちゃんがこう歌いました…きれいな声で大切にドレミファソを歌いながらソの音のときウットリした表情を付け加えました。そしてどっちがみんなは、きれいに歌っていると思う?と尋ねると、全員大きな声で「Bちゃん!!!」と返事をしました。
   では、みんなもBちゃんみたいに最後のソをうっとりしながら歌ってみてねと言うと、素直に表現しながら歌ってくれました。

   「はい、ドレミファソのソをきれいな声で歌ってね。」と注意する方法は、わずか10秒の注意で終わり、すぐに他のこともできます。でもAちゃん、Bちゃんなどの例をジェスチャーしながら何をしてほしいか考えてもらうには、時間がかかります。
園児にとって、どちらがより印象に残り、彼ら自身がきれいに歌いたいと思えるかは、明らかなことです。

   つくづく、教師はエネルギーを持って、園児たちと向かわなければいけないな~と。そして「注意されていると思わせない注意の仕方」を心がけたいと思います。それには体力も気力も万全でいられるような自分自身の管理が重要だと感じた今日のレッスンでした。

10/16 0才児から音楽を取り入れる保育園が全国にどのくらいあるのでしょうか?

images_2017101617350952a.jpg
雨が降り、風も冷たい朝、園児たちは半袖と半ズボン!強い!
音楽室も窓が開けられていました!さあ、私も元気にレッスンしますよ~!

0才児たちは、ずいぶん大きくなりました。もちろん、まだ話すことはできませんが、毎回すごいなと思うのが「ドミソ・ドファラ・シレソの和音(プチわかーるピアノAのP.9 わおんでグーチョキパーhttp://www.zen-on.co.jp/score/p-waka-ru/ を参照)」どの子もじっと耳を傾けて真剣に音を聴いてくれます。それだけに、いかに響きの良い音で弾くかに、こちらも真剣です。その響きの中から1音だけを取り出して聴こえるようにする練習です。
音楽の刺激を0才から年長さんになるまで続けられるって、とてもすてきだと思います。

きょうは、いつも思っていることをちょっと語らせてほしいと思います。
例えば、運動が主で、音楽は、歌を歌ったり、CDに合わせてリズムを打ったり、体を動かす。それはよくあることだと思います。

でも「本物のピアノ」の木の振動を感じながら音を聴いたり、「オンサの周波数」を感じたり、「園児たちの表情にあわせて音を奏でたり」という経験ができる園は、残念ながらあまりないように思えます。
 
この園は、「園長先生が大変良き理解者であること」それも「0才からぜひ音楽レッスンを!」と考えてくださったから、ここまで園児たちが音楽好きに育ったのでしょうね。

運動は大きくなるほど筋肉がついて、できる範囲が広がります。けれども、「音を聴く力は年齢と共に、残念ながら弱くなりピークは小学校前まで」と、よく言われます。

0才児の真剣に聴く姿を、みなさんにご覧いただけたらといつも思います。
多くの保育園や幼稚園で、「音楽の持っている不思議な力を感じとり、聴き分ける、それを表現する…しかも、園にいるすべての子供たちが…平等に受けられる」それができたらと思います。それを願うのは、私の我儘でしょうか。

9/11 あまりの温度差に体がついていけない園児たち

baby.png
朝から暑くてぐずっている園児が多いように感じます。
9時からの0才児クラスは、3分の1ほどの赤ちゃんが泣いています。まだ生後まもない小さな赤ちゃんの泣き声…とても大声なのです。いつも泣いているのには慣れている私がびっくりするほどです。元気と泣き声は関係するのかしら?と思いますがどうなんでしょう。

その0才クラスもレッスンを始めると泣いていた子もニコニコ。音楽に合わせて、自然に足や手を動かし、体全体でゆっさゆっさと動きます。リズムも感じていますね。

乳児たちは音叉が大好きで、もっともっととせがみます。今回、頭の上で音叉が聴けるかどうか試してみました。その時「ビヨビヨビヨ~~~ン」という声を私が出しながら頭を振ります。園児たちはキャッキャ笑って頭に手をやり、私にも!と催促です。なぜか聞こうとすると目が上を向いています。その姿がまたかわいい!なんだかとっても穏やかなほんわり感がお部屋を包み込んでいます。

乳児の頭を触ると私より柔らかいのです。これは大人より音叉の周波数を感じやすいのでしょうか? 毎回いろいろな発見であふれています。

年長クラスで「ラドミド」という音を指1353で弾く練習をしたのですが、先週に引き続き、ピアノで弾いてもらいました。ラドミドの音がなぜか私は「バドミントン」と言う言葉に聞こえます。それでバドミントンと言いながら歌うと、園児たちは大喜び!「ラドミドが吹けたらバドミントンって言ってもいいよ~!」を聞いて、練習にも熱が入ります。来週はお休みですが、その次のレッスンが楽しみです。

あっ、そうそう、きょうは無言のリトミックをしました。ピアノの音に興奮して、キャーキャー叫ぶ子が多くて、人数も多いのでピアノが聞こえません。そこで声を出さないゲーム!というのを急きょ作って、声を出したら出口そばのコーナーに入ることにしました。

みんな声を出したいのを我慢していますが、耳は敏感に反応することができました。これは、とても良い結果になり、これからも続けていきたいと考えています。

来週は祝日なので2週間後がレッスンです。(^^♪

9/4 鍵盤ハモニカを忘れた園児は目に涙をためて…

images_20170904200127e23.png
涼しい朝でした。でもお部屋の中は園児たちのエネルギーでやはり暑いです!
年中さんと年長さんは鍵盤ハモニカのレッスンもするのですが、忘れた子がいて、涙ぐんでいます。「ピアノの所にいらっしゃい。」と手招きしました。始めはモジモジしていた*ちゃんでしたが、何度かピアノで練習すると、弾けるようになりました。

すると他の園児たちもピアノで弾きたい!とやってきたので、急遽、数名ずつピアノでレッスン! 鍵盤ハモニカで弾けても、ピアノの方が指に力を入れないと音が出ません。そういう意味ではきちんと打鍵する練習になり、良かったです。 

乳児クラスでは、先生に抱っこしていないと不安な園児がいました。その子を見ていると、ただ抱っこをするのではなく、ちゃんと向かい合ってしっかり抱っこしないと安心しません。担任が用事があり離れると、とても不安そうです。

私は、その園児を抱っこしながらピアノを弾きましたが、長時間は無理があり、他の先生にチェンジ。でもなぜかその子のことが気になって仕方ありません。なるべくアイコンタクトを取るようにしました。レッスンが終わった後、その子がニコッと笑いました。私はとても嬉しくなりました。心の中で音楽を感じられれば、健常児と同じ!とも思いました。

あるクラスでは、みんながレッスンをする用意ができている中、走り回っている子がいます。その子は、みんなに注目してほしくて「わざと走る」のだそうです。今週はそれを知りませんでしたので、思い切り走らせてあげて、みんなもじっと待ってあげたのです。でも来週はあえて、走っても気にしないようにしてみて、様子を見ようと思います。

毎回、次回はこんなことを試そう、あんなことをしてみようと、レッスンが終わってもいろいろなことを考えます。それがまた楽しいし、早くレッスンしたい!と思います。
また来週まで!
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR