FC2ブログ

6/14

雨傘 雨の葉っぱ

梅雨に昨日から入ったというニュースを聞きました。私のノドは先週より良くなりましたのでマイクなしでレッスンをしました。けれども、まだ本来の声を出すには時間がかかりそうです。でも元気な園児たちと一緒にいると、ついつい声を出してしまいます。(^_^;)

0才児:お部屋の中に畳の空間があります。そこを使って、私が一人一人とオンサを一緒に聴きあい、名前を呼びます。他の園児も興味があるらしく、どんどん私に近づいてきます。きょうは誰一人泣いている子や、ぐずっている子がいません。みんな笑顔笑顔で何かを話しかけてきます。まだ言葉は、しゃべれませんから、目と表情で上機嫌なのだな~ということが、わかります。
音楽に合わせての拍感遊びをしました。内心、飽きるかしら?と思っていましたが、誰一人飽きずに音楽を楽しんでいます。よだれをたらしながらアーアーと歌っているような子もいます。毎回0才児に会うと心がトロトロになって、離れがたい気持ちになります。そんなわけで、ちょっとレッスン時間をオーバーしてしまい、慌てて次のレッスンクラスに行きました。

1才児:園児たちがみんな輪になって座ることに何の疑問も持っていなかった私ですが、実際には、先生方もできるかしら?と戸惑われていました。けれども、そこは先生方です。すぐに円になれるような歌を歌ってくださり、3回目の輪になっての歌を歌ったときには、全員で輪になって座ることができました!新しい発見がありました。
さあ、先生方も園児たちの中に入って、音楽レッスン始まり始まり~~~。
オンサを使って個人個人の名前を歌いながら頭をなでなで。笑顔で先生と園児がみつめあいます。待っている園児たちも先生方もニコニコしながら見つめあってします。全員できたところで皆に向かって「こんにちは~♪」と私が歌いかけると、なんとオンサと同じ音で声を出した園児がいたのです!先生方も私もビックリ!すごい効果です。一人だけでなかったのでまたまた驚きです。日々、これを続けてくださったら絶対音感がつくのではないかしら?と思いました。

3才児:4月からくらべると園児たちも落ち着いてきたように感じます。手作りカードを使ってのレッスン。そのカードに何かをつけたり、はずしたり、あっという間にパターンが変わったりと、園児たちは一瞬でも目を閉じたらどうなるかという様子でハラハラドキドキ!きっとこういう時は、ものすごい集中をしていて、学習したことがどんどん吸収されていくのでしょうね~。とても嬉しいことです。
また回を重ねるうちに、音楽によってルールが理解されつつあります。「なになにしてちょうだ~い!」と言わなくても、音楽によってルールを理解してもらえれば音にも敏感になり、ざわめくという状態が激減するはずです。もっとこれらのことを推し進めて行きたいと考えています。

4才児:どのクラスでも、月曜の朝は週末の疲れ?が出て、眠たそうな園児たちがいます。本当に目が閉じそうなんです。思わず私は微笑んでしまいます。それで…全員に立ってもらって大きい声で「ねむい~!」を言いながら元気にジャンプ、そしてすぐに小さい声で「ねむい~!」を私のピアノの音に合わせて飛び跳ねてもらいました。次は言葉を「おきろ~!」に代えてジャンプ!園児たちはケラケラ笑いながら思いきり跳ねています。さあ、気分転換ができました。
3才クラスでしたカードのリズムの応用、そして指番号の空中フィンガー、それからストローを使ってのタンギング練習、とにかくもりだくさんのレッスン!!!それに園児たちがだれることなく、しっかりついてきます。さすが4才ですね~!(*^。^*)

次回のレッスン7/5まで、ちょっとの間、会えませんが元気に過ごしてくださ~い。(^.^)/~~~
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR