FC2ブログ

10/31 あ~、もう10月も終わり!

201110210916000.jpg
10月最後の日がレッスンになりました。年齢を重ねるほどに時間が飛んでいくような気がします。園児たちの感じる時間と大人の感じ方では、ずいぶん違うのでしょうね。

偶然、2つのクラスでピアノに関しての出来事が印象に残ったので・・・。

さくら組(3-4才):朝一番のクラスですから、いつものようにピアノを弾いて、みんなを待っていました。すると男の子がピアノを弾きたいようで、手を優しく鍵盤にのせて、顔も大切な物を見るように首を傾けて弾いています。以前にもブログで書きましたが、園児たちがピアノを弾きたがるとき、どうしても鍵盤をたたいてしまいます。それでいつも「ピアノさんが痛くないように、やさしく触ってあげてね。」と私の声もやんわりと言います。それがきっと伝わっていたのでしょうね。ほんの短い時間でしたが、嬉しくてふんわりとした気持ちになれました。

ひよこ組(0-1才):このことも以前ブログで触れましたが、ピアノを弾いていると次から次へと「弾きたいよ~!」と(もちろん、まだ何も話せませんが)、アピールしてきます。その人数がどんどん増えてきているのです。一人ずつ抱き上げて、連弾もどきをします。ピアノを弾くときも、終わるときも、きれいな音を奏でて、ふわ~っと手をお膝におろして、次の園児とチェンジです。でも弾き終わった子は、まだまだ弾いていたい様子でせがんできます。そんなわけでピアノのまわりは大渋滞。みんなにピアノを弾かせてあげたいと、こちらも「この子は終わった。あの子はまだ。」と見分けるのに大忙し!園児たちの「もっと弾きたい!」という気持ちを、叶えてあげたい!十分な時間をとるにはどうすればいいのか…それが私の課題です。聴力が一番伸びる時期だからこそ、興味があんなにも強いのでしょうね。

うさぎ組(2-3才):このクラスではラテン音楽とカチッとした音楽の2曲を聴いて、違いをハッキリつけながらみんなで踊りました。即興で踊る私の姿がよほどおもしろいのでしょう、園児ばかりか先生方もゲラゲラ笑っています。「さ~、もう一度踊りましょう!先生方も、恥ずかしがらずオーバーに表現してみましょう!」と言うと、先生方もノリノリに踊ります。楽しいですよね。おかげで、10月最後というのに、暑かった! 始めはブレザーにスカーフという姿でした。まずスカーフをはずし、次にブレザーを脱ぎ、それでも暑くてシャツ姿に、なんと最後はノースリーブに!でもそれ以上はもちろんぬげませ~ん!(^_^;)

【すみれ組(4-5才)】のクラスのあとに【みどり組(5-6才)】をレッスンしますが、夢中になってやっていると、みどり組に遅れて行きます。今回は、すみれ組を5分前に終えようとしました。するとみんなが「まだ時間になってない!」と口々に叫ぶのです。それでレッスンを続けていると、今度は「時間が過ぎたよ!!!!」と大声で教えてくれます。「はいはい、それではまた来週ね~~」とみどり組へ走っていく私でした。
みんなの方がずっと私よりしっかりしています。おまけに私の忘れ物がないかまでチェックしてくれるのです!あわてん坊の私には、園児たちも目が離せないのでしょうね!\(◎o◎)/!
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR