FC2ブログ

9/10 いつまで続くの残暑? 

a.jpgb.jpgm.jpg
不思議に暑い所で思いっきり汗をかくと、平気になります。まるでシャワーを浴びているような気分です。きっとこの保育園で汗を集めたら塩ができるかも!

1才児クラスで音楽に合わせてヨガをするから見てくださいとの連絡があり、楽しみにしてクラスへ。一緒に参加して、初めは「簡単だわ~」と思っていたのですが、しゃがんだままで左右に進むときになったら、まったく足が追いつきません!あれはどこの筋肉がしっかりしていればできるのかしら?まったくダメでお手上げでした。(涙)

休符をいろいろなところに入れるパターンをしました。これらを組み合わせてできるようになったらと思います。カスタネットのゴムを指につけるのが大変そうです。小さな指だと結んでもスルリとはずれてしまいます。なんといってもカスタの音は魅力的です。何か良い方法があればいいのですが。

2才児クラスでは、運動会にどんなダンスをするかを考え中。初めの腕を振る仕草を私が大げさにステップすると園児たちは声を上げて大喜び!そこで、先生方に私の動きをまねるようにお願いしたところ、そのステップがなかなかできない!1才児クラスでめげた私が、心の中で「まだまだ若い者には負けないぞ!」ってね。(笑)

リトミックをしている最中にピアノでリズムのお買い物の音をすると、ちゃんとできる子、まだ不安な子とまちまちですが、嬉しいのは間違った答えでも堂々と大きな声で言えることです。
間違って答えたことを恥ずかしいと思うと、だんだん声が小さくなり、最後は答えず黙ってしまうということが小学生になると多く見受けられます。「間違っても、そう思ったら答えていいのよ。」と言い続けられる環境があったらと思います。間違ってもやっていくうちに『創造力豊かな思考』が育っていきます。個性豊かな園児たちをそのまま伸ばしてあげられる教育が続けられていったらといつも思うのです。

その一つに「ごっこ遊び」をリトミックで意識しています。無い物が、あるかのように思い浮かべられること、それを体で表現していくこと。たとえ変な動きであっても、ちっとも構わない!もし恥ずかしいから動けないとしたら?もし何も思い浮かべることができなくて動けないとしたら?どんな動きもすばらしいと言ってくれる人がいなかったら?…園児にどう声かけをすれば、自由に発想できるようになるのでしょう?興味はつきません。
私が園児たちを大好きな理由の一つは、まだ社会のしがらみに侵されていない、自由な発想で満ち溢れている瞬間が多くあり、それによって私もインスピレーションを刺激されるからです。
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR