4/22 今年度2回目のレッスン

a1.jpga2.jpg
月曜日は、全員がお堂に集まってお参りをします。もうすぐ終わるというタイミングで、私は誰もいない年中さんの部屋でピアノを弾き始めます。
前回は、その初めてのレッスンでした。ピアノの音がする部屋を不思議そうに外から「なにかな~?」と様子をうかがっていた園児たち。
今週は少し慣れたかしら?外の方が明るくて、お部屋の方が暗いので、ちょっと入るのに勇気がいるようです。でも私の「おはよう!」の声を聞いたあとは、安心感と嬉しさでキャーキャー悲鳴が部屋中に鳴り響き、部屋をグルグル走り回っています。
そんな年中さんたちも、あと何回で自分達から「おはよう!」を言えるようになり、リトミックにすぐ参加できるようになるか、楽しみです。

一番成長を感じるのが1才児クラスです。0才児クラスで歩くのもままならなかった園児たちが、歩くだけでなく走っているのを見て、すごい!と感動しています。
みんな楽しそうにピアノに合わせ、小物楽器を鳴らします。次に小さなボール、大きなボールを部屋一杯に散りばめて、自由に遊んでもらいます。中には楽器を持ちながらボールをころがすという、2つの違うことができてしまう園児もいました。そんな園児たちの様子を見ていると、心がホッコリと癒されます。だんだんリトミックができる段階になっていきますね。

0歳児では、奇跡を見たような瞬間がありました。小物楽器が握れるかどうかも不安な乳児達ですが、音の出る不思議な楽器に目を輝かせています。
スズを握った乳児は、キョトンとしたまま、握りしめ、止まっています。そこで腕をふってあげると音が出ることがわかったのでしょうね。少しずつ鳴らすようになりました。
そして、その同じ子が、テンポの速い即興演奏に変わったとき、な、なんと!8分音符の速さでリズムを刻んだのです!信じられぬ光景に、私は思わず目が釘付けになってその乳児を見つめました。そんなことってあるの?でも実際、スズを8分音符の速さでふっていたのです!このクラスも即興演奏をしながら、園児たちの変化を見ていこうと思います。

他のクラスでも、いつも思うこと…それは、音楽が園児たちの心に自然に入って、心が満たされていく様子がわかります。どんな言葉よりも、音楽の明るさ・優しさ・楽しさ・しっとりとした感じ・荒々しさ…そんな心の動きを導き出すことができ、それを体で表現していく、本当に音楽は何よりの心の栄養になるように思われます。
少々、残念なのはレッスン回数が減りました。でもそのぶん、クラスの先生方が日々、音楽を積極的に取り入れてくださると思いますのでご安心くださいね。

またGW明けに、お会いしましょう。
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR