10/26 秋晴れです!

DSC01422.jpgDSC01417.jpgDSC01413.jpg
園でも行事が一段落したようです。これからは12月の発表会にむけて何をするかを考えなければいけません。今回は、どんなことをするかを大まかにさぐりました。
「発表会のためではなく、普段の音楽を発表する。そして会場との一体感を作り出したい。」という今年の園の方針をお聞ききしました。

発表会の週は仕上げ段階ですので、実際に私がレッスンできるのは何と、あと3回です。…ということは…
各クラスの先生方の力にかかっています。でも決して園児たちに無理をさせない。こんな発表会もいいですね。私も今から楽しみにしています。

当日までにたとえ間に合わなくても、取り組んだ姿勢を見せることができれば十分なのかもしれませんね。ご覧いただいている皆様にも、一緒に参加していただくことを考えていますので、どうか宜しくお願いします。

乳児クラスにお願いをしました。それは、いつも先生方が観客の立ち位置でレッスンしてほしいことです。
毎年、せっかくの舞台でお客様に背を向けている子がいます。ひょっとしてお家の方はビデオを回しているかもしれないのに、まったくお顔が見えなかったらとハラハラしていました。それで、今から前を向いて、いつもレッスンすればいいのではないかと思ったからです。当日、その成果が出るかどうかは、わかりませんが。

年中と年長も普段使っている楽器…それは鍵盤ハモニカですので、普段吹いているものを発表します。きょうは、何が原因だったのかわかりませんが、お友達のチューブを引っ張って離さない子がいました。このチューブが壊れたら、大変です。「楽器は大切にしないとだめです。」と、ハッキリみんなに注意しました。ピアノでもよくあるのが乱暴にたたく子がいます。その時は、真顔で注意します。「やってはいけないこと」は絶対だめなのです。
その子は泣いていました。「泣いていいよ。でも泣きながらでも、ちゃんと鍵盤ハモニカを吹いてね。」と甘えは許しませんでした。たぶん、いつもの私と雰囲気が違って「怪獣」に見えたのでしょう。それでびっくりして、泣いたのかもしれませんね。「ガオ~~~ッ!」 
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR