9/8 空気をいっぱい吸って~、はいて~、深呼吸しましょう!

yjimageTGUYX4C0.jpg
秋になり空気が美味しい季節になりました…本当かな~

…というわけではありませんが、かなり前から深呼吸を意識しています。そして、あることをきっかけにもっと深呼吸を心がけています。
きょうは、その深呼吸がどんな影響を及ぼすかを実感しました。

AちゃんがBちゃんをたたきました。Bちゃんは泣いています。Cちゃんが「AちゃんがBちゃんをぶったんだよ。」と説明。それを聞いたAちゃんは泣きながらまた他の子をぶとうとしました。何人かの子が「Aちゃんは、怒るとこわいよ~~~!」と言いました。

幼児の心理などについて、まったく素人の私ですが、何かピピッとくることがありました。それでAちゃんが何かストレスを抱えているのではないかな?と思いました。Aちゃんの、なにか心が軽くなるようなことをできないかと考えました。

Aちゃんが隠れるくらいに、私の胸の中に抱きしめながら何も言わずにとにかく深呼吸を続けました。「何も言わないこと」が重要で、抱きしめている呼吸を肌を通して感じてもらう、それに集中しました。なぜなら泣きじゃくっている子に「言葉の説明」は第2段階だと思うからです。

次第に呼吸が落ち着いてきました。でもここで泣き止んではバツが悪い…ということでしばらく「ウソ泣き」に近いものを続けていました。
そんな状態になってから「急に人をぶつのは良くないと思うわ。今度もしAちゃんが人を何のわけもなくぶったら、もうきょう話したのだから、注意するわよ」と言いました。

どこまでわかったか、また実行できるかはわかりません。でも大事なことは、すぐに言葉で言い含めるのではなく、落ち着かせることが大切で、そのあとに、大人がもっと落ち着いて(深い息で)穏やかな中に毅然とした態度を持ちながら導くこと…それを理想としています。 
まだこの理想にはすぐできないかもしれませんが、そのことを頭に置いて園児たちと向き合っていきたいです。
「イラッとか、カッとしそうになったら黙って深呼吸!」を自分に言い聞かせています。

Bちゃんを見ると、何事もなかったように、元気でみんなといっしょに遊んでいました。

残念ながら今月はレッスンがもうありません。また10月にお会いしましょう。
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR