2/29 幼児は回復兆し、乳児はまだまだのインフルエンザ

yjimageU5BUIC2J.jpg
一番菌に抵抗力のある職種のナンバーワンが園児たちと常に接している園の方々らしいです。確かに、乳児、幼児ともに、いろいろな菌に接して大人になっていくのですから、菌の種類も多いのでしょうね。

きょうは、インフルエンザでずっとお休みしていた園児たちが久しぶりの登園!とにかくずっと寝ていたのが、やっと走り回れるようになって大興奮!やっぱりお友達と一緒がいいのですね。

それではストレス解放と行きますか~!リズミックな曲で走り回ったら、足音を立てないようにチョコチョコつま先で歩く音楽を入れます。次にゾウがどすんどすんと床を踏み鳴らすような音楽、それぞれの間にストップを入れて静止をします。幼児たちには、反対周りの音もつけました。耳は集中して音を聴きます。そしてすぐに体を反応させます。みんな上手です。ストップの時は、体だけでなく目や手足の動きも瞬間に固まるというルールで、わざと滑り込みのポーズを決める子、目が歌舞伎役者みたいに見開く子、とにかくみんなユニークな動きに、私の方が笑いをこらえるのに必死でした。

すぐにオンサを使い、園児たちも落ち着いてきます。ラの音の周波数がみんなに伝わります。正しい音程でハミングできています。いいですね。

こんなに楽しい時間を過ごしたあと職員室に戻ると、「雨がひどくなっていますね。」と言われ、「え??雨?いつから?」と私はビックリです。まったく気づいていませんでした。園児たちばかり見ているからでしょうね。帰るときは、ものすごい雨!なんでしょう?朝はお日様が出ていたように思ったのですが。

年長クラスの園児たちがあと十何日とか言っています。なにかと思ったら、卒園までの日数のようです。もうそんな時期になるのかと…0才から見続けてきている園児たちが、いつまでも私とレッスンができると錯覚していたことに愕然としました。
ピアノの生徒たちには卒業式がないので、よけいにこういう保育園で園児たちとお別れしなければいけないということが、どうしても実感できずにいます。「時よ止まれ!」と思う私は我儘なのでしょうね。何と年長さんたちとのレッスンが次のレッスン(14日)で最後です。(涙)
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR