9/26 園児たちの気持ち

yjimage4GJAQWG3.jpg
久しぶりに雨のない朝になったのですが、湿度が高い!園児たちもシャキッとなかなかできない様子です。

レッスン室に入る前から泣いている子、泣きやんでレッスンを受けたはずなのに、部屋を出ていくときにはまた泣いている。
泣くといってもいろいろです。いつも些細なことで泣いている子、一度泣いたらなかなか立ち直れない子、きっといろいろ泣く理由が本人たちにあるのでしょうね。

天気と月曜のせいか、泣く子が多いので、今回は、音楽で「泣く」「怒る」「笑う」を表現してもらいました。ピアノの音を聴いて、3つの表情の中の何かをすぐに声と動作で表現してもらいます。さきほどまでぐずっていた子が、これで立ち直れたようです。みんな、それぞれの「泣き方、怒り方、笑い方」があって、それを見ているのが楽しかったです。

園児たちが、歌ったり演奏しているときに、「田村先生、ずっと私を見ていて!」「僕から目を離さないで見ていて!」というメッセージをビンビン感じることがあります。

きょうも、ある男の子から、そのメッセージが発信されていました。私としては園児たち全体に目を向けて、どんなふうかを見なければなりません。
でもその子は、私が目を離すと、すぐに他の世界へ行ってしまいます。ひどい時は、壁際にピタッとくっついて、参加してくれなくなります。

そこできょうは腹をくくって、どのくらいまでその子がやり続けられるかを確かめるために、ずっと見つめ続けました。なんと、普段は集中の短いその子が、最後までやり切りました。「この子は、集中することができるけれど、誰かがちゃんと見ているよ!のサインを感じないと逃げていくのだ!」ということがわかりました。ただ、毎回それはできないこと。どうしたら良いか…私の宿題です。

今度の土曜は運動会です。あるクラスで運動会に披露するダンスを見せてもらいました。すると、なぜか男の子たちの反応がイマイチ! そこで、女の子たちにお客さんになってもらい、男の子たちだけで踊ってもらいました。意識が出たのでしょうか、さっきとは大違い!
これも注目してあげる!という先ほどの子と同じなのかもしれません。
みんな一人一人を見続けられる私が複数いたなら!と思います。でもみんなみんな大好きですよ~~~~!\(^o^)/
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR