FC2ブログ

9/25 教師の思いえがく模範解答が、実際には…?

x0110IMG_4968.jpg
この保育園では、年中さんと年長さんのクラスが鍵盤ハモニカを使います。
園によっては、鍵盤ハモニカをテーブルの上に乗せて使いますが、この園では、動きながら吹けるように、左手で鍵盤ハモニカを持ちます。園児にとっては、この持つ作業も始めは難しい!

次に、チューブを口に持っていくことが大変!慣れるまでは、ピョンとチューブが口から飛び跳ねてしまいます。その苦労がわかるのは、「つばが飛び散る!」ことです。(*_ _)
息を吹く力も、タンギングする舌の力も、必要になります。

さあ、それができて、やっと1つの鍵盤に1本ずつ指を置いていくことをします。これがまたまた大変!親指や小指が鍵盤に置けない子がいっぱいいます。ギュッと1本の指だけを握りしめる子、1本指だけで弾きまくる子、いろいろです。

きょうは、そんな指5本を順番に鍵盤に置いてもらう練習として、こんなことをしました。
「今から、私が鍵盤ハモニカを吹きますけれど、みんなと何か違うことをします。それはいったい何でしょう?」と前置きをして吹いていると、すぐに何人か手をあげています。

吹き終わってみんなの意見を聞くと、「ウロウロ歩きながら吹いていた!」「ちょっと間違えて吹いてた!」「上ばかり見ていた!」などの意見。

私の心の中:どれも当たっているけど、《鍵盤を(手を)見ないで、吹いていた》という答えが欲しいのにな~…。

そこで今度は鍵盤ハモニカを隠して吹くと、気が付いてくれました!
みんなも指を一つずつの鍵盤に置いて、ノリでくっつけて落ちないようにしてみてね。

それじゃ、ドドドーレレレーミミミーファファファーソソソーと鍵盤を見ないで吹けるかチャレンジ~~~!

今度のレッスンは3週間後なので、両方のクラスに、それを宿題にしました。どうなるのか楽しみです。(^^♪
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR