FC2ブログ

2/19 園児たち、集中ちゅう!

images_20180219200223a10.jpg 

0才クラス

きっと、ほとんどの園児がピアノを弾きたい!と思い続けていたのでしょうね。歩けるようになった今、次々とピアノを弾きにきます。

ピアノから離れない子、他の子を押してピアノに触る子、ぜんぜん割り込めなく足をバタバタさせる子…でも集中が短いせいか、こちらが何も言わなくても、な~んとなくピアノにさわれました。

 

1才クラス

先生方にオンサを2本ずつ使っていただいたので、私はオンサなしになりました。けれども園児たちは私の所にニコニコしながらきます。

そこで私は人差し指をオンサに見たてて耳にあてました。そのあと園児の口元に、その指を持っていくと、いつもの「オンサのマイク」だと思って♪ラ~♪と歌ってくれました。

するとみんながその「指マイク」に近づき♪ラ~♪を歌います。楽しいひとときとなりました。

 

2才・年少・年中・年長の各クラスでは

レベルを変えて「リズムカード」を使いました。

①頭の上にカードを持って、「チャンス1 チャンチャカチャ~~ン」で1秒あるかないかの時間にリズムパターンを見せます。

②は「チャンス2」で①と同じことをします。

*どのクラスでも、1秒しか見せないことで集中が高まり①でわかりたい!と思っています。なんといつも自由奔放な園児たちも真剣です。おしゃべりしている子はいません。

 

③「お手を拝借」と言うとみんな両手を前にだします。「1234」のカウントのあと、声に出し、そのリズムを手拍子します。

*みんなが一番燃えるのが休符です。全員音を出さないで打てるかが集中をより強くします。

 

④ここからは年中と年長クラスで鍵盤ハモニカが入ります。

③のリズムパターンを「ラの音で」とか「ミの音で」と私の指示で吹きます。これによって、鍵盤の位置が意識できるからです。

 

この長い集中が終わった後は、リトミックです。「反対周り」「座る」「イェ~イ!と飛び上がる」「止まる」「強い・弱い・速い・遅いの動き」など決まった音の種類によって動きを変えます。、耳で聞いて体で反応することが素早くできるかどうかをゲーム感覚で楽しみます。

 

そのあとは…長いレポートになったのでまた他の機会にお知らせします。

 

来週はお休みで、3/5にお会いしましょう!

プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR