FC2ブログ

9/10 元気が爆発!

images_201809101634121e6.jpg 

1才児クラスが入ってきたと同時に、キャーキャー悲鳴に近い声をあげながら走り回っています。ハイテンションです。とてもすぐには収まりそうにもありません。

そこで高い音の連打を聴いたら両手を上げて「キャー」と叫びながら走ります。それをしていると何人かの園児がうるさいと感じ始めます。そのとおり!それを待って、今度は低い音でうごめいたような音の連打を聴いたら、口に手をあてて走ります。その時の静けさ!声には出しませんでしたが「ふ~、やっと耳が解放された」と思いました。それを23回くり返した後は、落ち着いてレッスンができました。


レッスンの始まりをどう対処するか…「静かに!」と制止してもスッキリできないものが残ったりします。でもとりあえずキャーと発散させると、レッスンに集中できます。これって、ピアノでも同じような気がします。


もう一クラス、始まりの時、同じようなことがありました。壁ペッタンで落ち着かせようとしても誰かが離れています。どんな風景かというと…例えると、年に12回、渡り鳥が、ある時間になると、電線いっぱいに集まってきます。その間を、割り込んで入ると、割り込まれた鳥が飛び立ち、いつまでたっても鳥がさわがしい…こんな光景をご存知でしょうか? きょうの園児たちは、そんな状態でした。


そこで、みんなが見える反対の壁に座り、「1・2・3・4」と言いながら、足首をまわします。園児たちは、なにが始まった?と私の動きに注目し始めます。次に頭の上と、ももを「1・2・3・4」と数えながらさわります。次は片手をモリモリ筋肉マンのように…いろいろおもしろおかしく動かしていくと、全員がちゃんと壁ペッタンをして、私と同じ動きをしてくれます。それもニコニコしながら。最後はきょうつけの姿勢まで行ったら、レッスンの始まりです。

 

今週も楽しいレッスン満載でしたが、次のレッスンまで5週間もあいてしまいます。残念!乳児は、きっと成長しているでしょうね。では、1015日に、会いましょう!

 

 

 

 

プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR