FC2ブログ

4/22 きょうのレッスンは《ら~めん》

ダウンロード
年少・年中・年長クラス、同じテーマで、レッスンをしました。もちろん、反応がクラスによって違うわけですから、スタートは同じでも、違う方向に行くのは当然です。

なぜ《ら~めん》を選んだかというと、「ドレミ唱」を歌っているときに、音程がどうもあやしいのです。もちろん声帯の発達がまだ未熟なこともありますが、「きれいな声」というのはどう歌うのかを知ってほしいと毎回いろいろ考えているのです。それで今回は「ら~めん!」を使って試しました。

「ドレミ唱」…いつもは、「ドドドーおへそさん、レレレー胸張って・・・」と歌ってきましたが、今回は「ら~めん(ドの音)→ら~めん(レの音)・・・」とすべてを「ら~めん」という言葉で歌ってもらいました。その時、「音があっていないと、麺が切れちゃいます。さあ、みんなのら~めんは、どうかしら?」という言葉でスタート。

ら~めんを作るとなったら、みんなは正しい音で歌おうとしています。拍手!
次に「何ら~めんを食べたい?」と聞くと・・・
年少クラスでは「ぶどう!」と多くの園児が叫びました。「う、うそでしょ?ぶどうのら~めん?」と私が驚くと、「うん!」という返事。
それではブドウ狩りに出発!「はさみがいるよ」「ぶどうをいれるものがいるよ」と彼らの想像は広がります。みんな自分のはさみと籠をもったつもりで、さあブドウをチョキン!籠に入れて・・・いっぱいのぶどうを持って、ら~めん作りにもどります。
その後、「いちごら~めん」「パイナップルら~めん」など嬉々として作りました。

年中クラスに、年少さんのら~めんの話をすると、「それを作る!」と乗り気です。年少さんの遊びを半分取り入れ、次にリズムを使って、ら~めんを注文して、カウンターに座って食べるという応用をしました。

年長クラスは「味噌3~4名」「塩1~2名」、あと残りの生徒は全員「しょうゆ」でした。年少のブドウ、イチゴ、パイナップルら~めんの話をしたら、みんなが「まず~~~い!」と、誰も興味を示しませんでした。

ら~めんの汁を飲むのは、どうするの?という質問に「スプーン・どんぶりのまま」という答えが99%でした。たった一人が「れんげを使う」と答えました。
イメージリトミックは、どんどんふくらみます。でもお昼時間が近づくと、本当にら~めんが食べたくなりました。

次回のレッスンはGWのあと5月13日です。





プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
http://wakarupiano.com/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR