FC2ブログ

9/4 鍵盤ハモニカを忘れた園児は目に涙をためて…

images_20170904200127e23.png
涼しい朝でした。でもお部屋の中は園児たちのエネルギーでやはり暑いです!
年中さんと年長さんは鍵盤ハモニカのレッスンもするのですが、忘れた子がいて、涙ぐんでいます。「ピアノの所にいらっしゃい。」と手招きしました。始めはモジモジしていた*ちゃんでしたが、何度かピアノで練習すると、弾けるようになりました。

すると他の園児たちもピアノで弾きたい!とやってきたので、急遽、数名ずつピアノでレッスン! 鍵盤ハモニカで弾けても、ピアノの方が指に力を入れないと音が出ません。そういう意味ではきちんと打鍵する練習になり、良かったです。 

乳児クラスでは、先生に抱っこしていないと不安な園児がいました。その子を見ていると、ただ抱っこをするのではなく、ちゃんと向かい合ってしっかり抱っこしないと安心しません。担任が用事があり離れると、とても不安そうです。

私は、その園児を抱っこしながらピアノを弾きましたが、長時間は無理があり、他の先生にチェンジ。でもなぜかその子のことが気になって仕方ありません。なるべくアイコンタクトを取るようにしました。レッスンが終わった後、その子がニコッと笑いました。私はとても嬉しくなりました。心の中で音楽を感じられれば、健常児と同じ!とも思いました。

あるクラスでは、みんながレッスンをする用意ができている中、走り回っている子がいます。その子は、みんなに注目してほしくて「わざと走る」のだそうです。今週はそれを知りませんでしたので、思い切り走らせてあげて、みんなもじっと待ってあげたのです。でも来週はあえて、走っても気にしないようにしてみて、様子を見ようと思います。

毎回、次回はこんなことを試そう、あんなことをしてみようと、レッスンが終わってもいろいろなことを考えます。それがまた楽しいし、早くレッスンしたい!と思います。
また来週まで!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR