FC2ブログ

11/20 メガネを忘れたら

ダウンロード
0才児を教えているときに、あ!メガネをかけてない!と気がつきました。顔を洗うときに外して、そのまま忘れたのです。片目がひどく見えなくても、もう一つの目で見れるのであまり不自由はしないからと、言い訳を…。

でも園児は鋭い!0才児は言葉をまだ話さないので確認はできませんが、1才児からどのクラスでも、すぐにメガネをかけてない私に気づきます。
これをチャンスに、その話題から各クラス、こんな話をしました。
「私は大変なのです!だってメガネを忘れている!!ちゃんと覚えていない!どうしたんでしょう?」に、園児たちは〈たしかに変なのかもしれない〉と心の中で思ったかどうかは、別として…。

「12月に発表会があるけれど、私は何をどうするか、わからないの!みんな私に何をやるのか教えてくれる?」…園児たちはうろたえています。というのも、アウトラインのみが決まっていて細部がまだ何をするか確実に決まっていないのです。
「みんなで考えていこうね~!」にお互い安堵の表情。

私の質問は「1曲を〈早く・普通・遅く〉で演奏するとき、みんなは、どんな順番がいい?」
「この歌の部分は、どんなふうにお客さんたちに見せたら、わかりやすいかしら?」など、園児たちに決めてもらいます。
毎回思うのですが、え?この子がこんな表現を!あの子がすごいイメージを言うんだ~!とか驚くことが多くあります。
これらは、とても嬉しいことで、そのやり方を他の子のアイディアでまた別の方向へ行ったり、変えていくことができます。

あるクラスでカスタネットをしていたとき、どう曲から曲へ移るかを考えていると、何人かがカスタネットを電話にまねて遊んでいます。
そうだ!あれを使おう!カスタネット電話で次の曲へ自然に流れて行ける!とすぐに決定!
園児たちに「もしもし」に「もしもし」とすぐに答えてくれました。それも楽しそうに!最後に「じゃあね~」でカスタをポッケにしまって、次の曲へ移れました。
何か迷ったら園児たちに相談しよう!ですね。ではまた来週、ごきげんよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR