FC2ブログ

2/5  最近午後になると風が強くなります。インフルもまだ強い!

ダウンロード 

1,2才クラスの園児たちは、部屋に入るとき、キャーキャー叫び、駆け回ります。この光景は、もうおなじみです。

0才から年長まで順番にレッスンをしているので、年齢ごとの成長の変化を敏感に感じとることができます。

 

年少クラス

だんだんキャーキャー言いながら走る園児が減ってきています。「うるさいよ!静かにしてよ!」と耳をふさぐ子もいます。成長と共に、どうしたら良いか考えて行動できるようになってきました。

 

4月から鍵盤ハモニカを使いますが、その準備として、音の配列を覚える本「ドレミファソランド」の観覧車を見ながら1オクターブ上がる・下がるの練習をしました。

 

上がるでは、生徒たちが1列になって「ドの上…レ」で右へジャンプ!「レの上…ミ」でまた右へジャンプを繰り返しました。1オクターブ言い終えた途端に、もとの位置まで走ります。この体を使う練習に園児たちは張り切ります!下がるは、その反対の動きで遊びました。

 

そのあと、鍵盤の場所を覚える本「ケンとバン」…本の中にある鍵盤を指さして、何の音か言う「音当てクイズ!」まず黒いキーが2つか3つかを答えてもらいました。

 

このような導入で4月に鍵盤ハモニカを渡されたとき、「弾いてみたい!」という気持ちが高まることでしょう。

 

年中クラス

鍵盤ハモニカが終わり、片付けをしているとき、一人だけがケースにホースがピッタリ納められません。また、蓋もどこかが出っ張っているのか閉まりません。それを見たお友達がサッと助けにいきました。手伝ってもらった子はホッとしています。このような光景を見ていると嬉しくなります。

 

年長クラス

「ロンド橋落ちる」のゲームをしようと思い、「ソーラソファミファソー…」と歌いました。すると「違うよ!レーミレドシドレだよ。」という意見が。

なるほど!と思いました。ハ長調では「ソーラソファ」でもト長調だと「レーミレド」です。

そこでどっちを弾いているか、わかるかゲームに発展。

 

それに加えて「和音あてゲーム」「メロディーあてゲーム」みんな集中しています。

小さい時から音感をやってきているので、耳がとても良い年長さん、おみごと!

 

来週は祝日なので19日にまた会いましょう!

 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR