FC2ブログ

12/14 保育園の発表会でした。

illust1869.png

毎年、発表会のオープニングは「Asokaばやし」です。半分に割った長い竹を横に並べ、年長さんたちが全員、その竹をたたきます。3連符を含む、けっこう複雑なリズムですが、息の合ったバチさばきで、会場を一つにします。

2才児はバスで遠足に行って、出会ったさまざまなことをリトミックで表現したり、歌をうたってくれました。
舞台に立つと、すぐ「パパ~!ママ~!」と会場に手を振る子がたくさんいました。まだ自分たちがステージで演じるという意識はないのかもしれません。(^^♪

年少クラスはストーリー仕立てで、リトミックと歌で表現しました。大きく3つのグループに分け、1グループが歌っているときは、残りのグループがちゃんと聴いています。いつ出番かをこの年齢だとわかるのですね。声もしっかりしていました。

年中は、まず3つのグループでリズムのおもしろさを会場に披露。それからそのリズムに音をつけるとどうなるかを観ていただきました。1曲をジャズ風でノリノリに歌って、それからクラシック風に鍵盤ハモニカで演奏、その違いを十分にアピールできました。

年長は、二手に分かれて、リトミックで登場、横一列になると今度は前に向かい進みます。
年中の応用編になりますが、休符を入れたリズムで「なんの曲かな?」と思わせてからメロディーを入れ、ああ!その曲か!とお客様はうなずいていらっしゃいました。そしてそれに続き、6/8拍子の曲で流れるような雰囲気の鍵盤ハモニカ演奏というように、内容もレベルアップしています。

今年の年少・年中・年長の合同の歌は「七つの子」です。これは、曲選びをしているとき、♪か~わい~か~わいと…♪という部分で私自身が弾きながら感激して泣いてしまうほどでした。それで、今年はこの曲にしよう!と決めたのです。日本の歌の良さをお客様方に伝えられたように思います。もちろん、園児たちの歌いながらの表現、ハミングのパートもすばらしかったと思います。

今年は今度の月曜でレッスンが終わりとなります。では17日にお会いしましょう。(^^♪

コメントの投稿

非公開コメント

田村先生ありがとうございました!

演奏が終わったあと、「緊張した〜」「できなかったところができた!」「嬉しかった!」等、興奮気味に話してくれた子どもたちの顔はホクホクしていました。
何より、友だちの存在に心強さを感じながら披露できて良かったです♪
お疲れさまでした!

Re: タイトルなし

本番で、できなかったところができた!と言ってくれた園児、すごい!みんな「音を楽しみ」ながら発表してくれて、まさに「音楽」のマジックでしたね。私もみんなと一緒に参加できて、本当に幸せでした!ありがとう!!!!(*^▽^*)
プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR