FC2ブログ

1/21 「今年も宜しくお願いします。」の初登園!

20012824.jpg

いつもながら、園児たちのお顔を見るとホッとして、とても穏やかな気持ちになります。園児たちは、ピアノの音への反応も研ぎ澄まされてきています。即興演奏している最中、私は何も言葉を発しません。その音で何をするかを体で表現してくれます。久しぶりのレッスンだったせいか、嬉しくて胸がぐぐぐとなりました。
特に面白いのは、「なるほど、こういう音だと、こういう表現をするのか」と予想とは違った動きを見つけたときは、とても嬉しくなります。
様々な感じ方や表現でいいのですから、自然体で動けるってすてきだなと思います。

音叉を、いろいろな素材にあてて、何が一番響くかを実験しました。ピアノの反響板、壁の板、窓ガラス、窓枠の鉄の部分など。面白いのは音の響き方がそれぞれ違うのです。園児たちも息をひそめて、どんな音になるか耳を立てます。誰もしゃべっていません。

リズムは2つのグループに分かれ、向かい合います。Aチームのリズム、Bチームのリズムを同時に打ちながら、まん中まで進んだらハグしあいます。これが嬉しい!みんな心がワクワクしていて、全体が楽しさで満ち溢れています。こういう空間が大好きです!

指導者が園児たちに何かを伝えたいとき…声、顔の表情、体全部を大げさに使って見せます。この伝え方をしないと、何を園児がどうするのか、まったくわからないことがあるからです。精一杯心を込めて伝えることの大事さを、ちょっと先生方にお伝えしたクラスがありました。とても素直な先生方は、すぐに実行してくださり、みるみる園児が変化していくのを実感されたと思います。これってエネルギーは、もちろんいることなのですが、一番ストレスがたまらず、元気になる源!と私は思います。

来週は、未入園児の3クラスが保護者見学です。お楽しみに!(^^♪


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
http://wakarupiano.com/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR