FC2ブログ

3/11 いろいろ思い浮かべて、みんなが作ってくれる・・・素敵なレッスン!

cakeimages.png

3週間ぶりのレッスンだったせいでしょうか、みんなワクワクして落ち着きません。
無理もありません!私も同じだからです。でもレッスンを始めなければ!
調度、0才児クラスのときに敷いていた2畳ぐらいのじゅうたんの絵がお花でした。
これをきょうは使おう!と決めました。未入園児から年長までそれぞれのクラスが次のようにスタートしました。

「あらっ?お花畑がある!みんなで遠足に行きましょう!みんなはバスに乗るか、歩くか、どっちがいい?」すると「歩く~!だってゆっくりいろいろなものが見れるでしょう!」確かに!というわけで歩く曲を演奏、そして途中でピアノが止まり・・・「あ!ありさんが!」で、みんなはアリになります。ある園児が「違うよ、アリってそんなふうに歩かないよ」とか園児同士の会話にどうしたらアリになるか体を使いながら工夫しています。そしてまた歩き出しながら、いくつかの出会いを体験します。

「ま~!ダンゴムシ!だんご虫ってどんなふうになるの?」しばし、園児たち考えて、くるりんとなる格好を表現します。

このレッスン、始めは「お花畑」という同じ入り口でしたが、園児たちの年齢の違い、ポロっと出た園児の言葉などで、物語がどんどん変わっていきます。
私もピアノをその雰囲気にそって弾きますが、最後がどうなるかは、まったくわからなくて、その期待感が増します。

園児たちが作り上げていく世界に、一緒に参加させてもらえて、とても楽しい時間が過ぎていきます。なんて幸せでしょう!みんなが別々のイメージでも、どんなに話が飛んでも、誰も気にせずに、受け止めてくれます。

そうそう、あるクラスでつんだ花を花束にして、お母さんにプレゼントをすることに。そして忘れていた!ということでバースデーケーキを買いにでかけます。私がお店の人になって、何ケーキで大きさはどのくらいかを一人ずつに聞いて、空想のバースデーケーキを手渡しました。大きなケーキ、小さなケーキ、お花のついたケーキ、ピンクのケーキ・・・みんなの目が輝いています。

想像の世界がどんどん広げられる園児たち・・・大人の生活の中にも、こんな世界ができたら、すてきでしょうね。

2/18 ビート(拍)がすばらしい園児たち!

ダウンロード
意識してレッスンしているのが、0才から「ビート(拍)を感じること」と「音を感じること」です。

0才児で、まだ歩けない子でも、しゃがみながら体をビートに合わせて動かせることに驚いたことがあります。
テンポを「遅い・普通・速い」、音色を「メージャー・マイナー」で、1曲をくり返します。
この練習を6年続けていくと、その成果は、驚くほどです。

実は、小2(もと保育園生)の男の子がピアノレッスンで、「初めて」メトロノームを使いました。普通は、拍に合わせることが難しく、どうしても、ずれて弾いてしまいます。それなのに、その子はビシッと拍に合わせて弾けたのです。よく練習してくる生徒でもないし、どちらかというと自由気ままにレッスンをしている子です。
なぜビートが合わせられたかを考えてみると、0才から保育園で拍感を体験しているからでした。これは、重要なことだ!と改めて感じました。

年中・年長は・・・8分音符・4分音符・2分音符の拍を感じるレッスンをしました。
①足で「ぶんぶんぶん」の曲をメロディーと同じリズムで歩きます。
②8拍歩いたら、反対方向に8拍のパターン。
③②を4拍でチェンジ。

★4つのグループが東西南北の壁に分かれて・・・
①のグループが「ぶんぶんぶ~ん」と前に歩く。
②のグループが「はちがとぶ~」と前に歩く。
③のグループが「おいけのまわりに」と前に歩く。
④のグループが「のばらがさいたよ」と前に歩く。
①のグループが「ぶんぶんぶ~ん」と後ろ向きに歩く。
②のグループが「はちがとぶ~」と後ろ向きに歩く。

★のやり方を、4つのグループの始まりを、②のグループから、③から、④からと、スタートを変えてします。

最後は、全部一人で、この動きをします。そのとき、4拍目で腕を組んだり、敬礼をしたりなど、さらに複雑な動きにしました。
園児たちの目の輝きようは、すごかった!「できるさ!やってみる!できた~!」と顔が蒸気して、私もとても嬉しかったです。(*^-^*)

次回は3/11のレッスンです。(^^)/

2/4 園児が汗をかき、窓をあけ、扇風機をつける…本当に2月?

images_20190204152625092.jpg
今日の温度・・・こんなに上がって地球は大丈夫?と心配します。

音楽室の中央に、白いテープで大きな〇の形が作られていました。
早速、その丸を池に見立てて園児たちにおさかなになってもらいました。
①まずワニが池のまわりからお魚をねらいますが、残念つかまえられません。
②次にゾウが長い鼻から魚を掃除機のように吸い込もうとしますが、これも残念。
③最後にキリンの長い首を使って魚をつかもうとしますが、またまた失敗。

①②③の役を私が演じ、白いテープの外側から、園児たちをつかまえようとします。
園児たちの騒ぎようと言ったら、それは大変なものです。

次に、ピアノで①~③を表現します。音の変化で何を演じるか反応してもらいます。
そこへ一人の子が急いで来て…「みんなが外に出たら、お魚がいなくなっちゃうよ。」
そこで、みんなの鍵盤ハモニカをお魚にして池に置いてもらいました。ますます面白くなります。

次は私が釣り人になり、皆はお魚に。勢いよく糸を投げ入れ、リールを巻くまねをすると、魚役のみんなは引っ張られるように私のもとへ!演技がうますぎます!他にも網を投げての魚とりなど、みんなの発想がどんどんふくらみます。

最後は園児たちが魚を釣ります。一人一人に何のお魚がつれたかインタビューをしてみました。「さしみ」「きんぎょ」「くじら」「ウニといくら」など面白い答えがいっぱいありました。

つくづく園児たちとのレッスンは楽しいな~と思いました。園児たちの発想の豊かさに触発されて、私もイメージが広がり、どんどん物語がふくらんで、体で表現していけるからです。
こういう柔軟な発想をいつまでも持ち続けていてほしいな~と心から願うレッスンでした。

3/28 乳児の保護者参観でした。

images_2019012816492116d.jpg

★一番始めのクラスは1才児です。保護者の方全員がマスクをされていましたので、私のマスクも違和感がなく始められました。ほとんどの乳児はお家の方のお膝に座っていますが、時間がたつと共に、お膝から離れて自由に動き回る光景も見られました。
★二番目のクラスは0才児ですので、お家の方と一緒にレッスンを受けてくれます。でもいつもは元気に歌う子がなぜか、お家の方にべったりと寄り添い、歌ってくれなかったり…甘えん坊さんをしています。
★最後のクラスは2才児です。元気いっぱいで親を離れて自由に動く子が半分くらいはいました。もうお友達たちと遊ぶ世界に入っています。

今回、私が意識したことがあります。それは「スキンシップ」を音楽で、してもらうことです。
お家の方は、日々の生活が大変忙しく、なかなか「ゆったりと我が子と過ごす時間」を作りにくいと思ったからです。せめて音楽室での時間をたっぷり「わが子と遊ぶ」にできたらと、そこから計画を練りました。

クラスによって、課題となるレベルは違いますが、音が鳴っているときは、その音の雰囲気を感じて体を動かしていただき、音楽が止まったら「ハグする・ほっぺをなでる・頭をいい子いい子する」などしました。

親子向かい合って、目を見つめて、体を抱きしめ、その温かさをお土産にできたらと願いました。

最後のクラスが終わったときです…。お仕事のある保護者と園児は、そこでお別れです。昨年までは、一緒にランチをしていたので、親子一緒にお部屋を出て行ったのです。でも今回は、様子が違いました。
お家の方と離れたくない!泣いている子の多いこと!そしてお家の方の後ろ髪を引かれる思い!両方の気持ちがわかり、私は涙をぬぐうことができませんでした。

お家の方が、我が子を思いながらも、仕事に行かなければならない、その現実。その葛藤が私の胸をえぐります。

私にできることは、そのことを踏まえて、園児たちと楽しく接していける時間をプレゼントできるようにしよう!それだけしかできませんが、これからもお家のみなさま、宜しくお願いいたします。

1/21 「今年も宜しくお願いします。」の初登園!

20012824.jpg

いつもながら、園児たちのお顔を見るとホッとして、とても穏やかな気持ちになります。園児たちは、ピアノの音への反応も研ぎ澄まされてきています。即興演奏している最中、私は何も言葉を発しません。その音で何をするかを体で表現してくれます。久しぶりのレッスンだったせいか、嬉しくて胸がぐぐぐとなりました。
特に面白いのは、「なるほど、こういう音だと、こういう表現をするのか」と予想とは違った動きを見つけたときは、とても嬉しくなります。
様々な感じ方や表現でいいのですから、自然体で動けるってすてきだなと思います。

音叉を、いろいろな素材にあてて、何が一番響くかを実験しました。ピアノの反響板、壁の板、窓ガラス、窓枠の鉄の部分など。面白いのは音の響き方がそれぞれ違うのです。園児たちも息をひそめて、どんな音になるか耳を立てます。誰もしゃべっていません。

リズムは2つのグループに分かれ、向かい合います。Aチームのリズム、Bチームのリズムを同時に打ちながら、まん中まで進んだらハグしあいます。これが嬉しい!みんな心がワクワクしていて、全体が楽しさで満ち溢れています。こういう空間が大好きです!

指導者が園児たちに何かを伝えたいとき…声、顔の表情、体全部を大げさに使って見せます。この伝え方をしないと、何を園児がどうするのか、まったくわからないことがあるからです。精一杯心を込めて伝えることの大事さを、ちょっと先生方にお伝えしたクラスがありました。とても素直な先生方は、すぐに実行してくださり、みるみる園児が変化していくのを実感されたと思います。これってエネルギーは、もちろんいることなのですが、一番ストレスがたまらず、元気になる源!と私は思います。

来週は、未入園児の3クラスが保護者見学です。お楽しみに!(^^♪


プロフィール

T. Tamura

Author:T. Tamura
田村智子:http://www.musickey-piano.com/ 
国立音楽大学ピアノ科卒業後、アメリカにてピアノ指導法を学ぶ。岩瀬洋子氏と共にMusic Key Piano Schoolを設立。テキストの執筆など著書は100点以上。ピアノレッスンの傍ら、全国でピアノ講座を展開。また保育の分野で、0~6才の園児や教師を指導。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011678868076

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR